占い師・風水講師・日村妙苑ホームページ

紫陽花の庵

TOP  主な経歴 鑑定場所 占い教室 予定表

 掲示板 LINK

四柱推命・命式作成


生年月日と出生時間
本人
相手
数字は半角で入力してください。 相手の情報を入れると相性診断も行います。

姓名判断


新漢字
旧漢字

製作元:株式会社NABOO様

※あくまでも上記は、一般的な四柱推命・姓名判断です。

大変わかりやすい解説もついています。興味のある方は、ご利用ください。

 

・・・・・・日村 妙苑の自分勝手な独り言・・・・・・

 

日村 妙苑が使っている占術 「数理占星学」 は宿命と氏名があっているかを判断する学問です。

氏名にも音霊、言霊、数霊というものが存在します。

「数理占星学」は宿命と姓名の調和を見る占術です。

姓名判断だけで吉・凶を判断すれば同姓同名の方は同じ一生になることになりますね。

四柱推命だけでは、生年月日の人が全く同じ人生を歩むとは考えられません。

占術にはいろいろ個性があって一概にそれがすべてではないからです。

日村 妙苑がたくさんの占術を学ぶのは判断しきれないものが多数存在するからです。

聞かれて専門外ですとは言えませんから日々学ぶものがあるのです。

姓名判断で家相は見れません(笑)。

あくまでも占いは指針として、どの時期に今の現状に対して、どう対処していけばよいのか

今の行いの結果が未来の結果を呼ぶ事だけは間違いのない事です。

一秒前はもう過去なのです。

原因があって今があり、その上で未来の結果が存在するからです。

終わったことより一秒先の未来のために何をしたらよいのか

それを知るきっかけに運命学を参考にしていただければ幸いであると思っています。

運命学は、あらゆる方向から可能性を導き出し、自分の長所・短所を知って

行動していくことで、自分にあった幸運に近づいていくことを知るための学問なのです。

対人関係・職業・自分に関わる事、全てです。

生まれた時間というものはかなり細かい判断をする事ができます。

占星術は東洋・西洋どちらでも同じような性格、状況、宿命が出ます。

運命学はあくまでも、行動を起こす指針を持つための学問です。

天体の運行経路から導き出していることは共通だからでしょう。

霊能者運命学鑑定士は違う職業です。

昨今、洗脳して金品を巻き上げるというイメージが先行しています。

それは、霊感商法 です。

鑑定後、高額の金品を持つことで解消できるものなど絶対にないのです。

印鑑は確かに大切なものですがどんなによい印材でも

桁違いな、料金を請求する段階で疑ってかかるべきですね。

墓相は隠宅といって自分の家の家相以上に大切なことであることも事実です。

家相を見させてもらうと宿命を暗示するかのような家に住んでいる事に

驚くことが多々あります。

占いに通っていても、墓参に行かないのは本末転倒ですね。

霊能者の方の事は専門外ですのでそれ以上は何も言えません。

それなりの特殊な能力があるのですから高額であるの当然ですが

見えないものだけに素人では判断が難しいと思います。

よくよく考えてそれは、霊象なのか自分が原因なのかを判断して欲しいと思います。

大切なことは自分自身が今何をすればよいのか、をアドバイスするのが鑑定士です。

ある程度鑑定士を長くやっていれば予知能力は鍛られそれなりに備わってくるものですが、

運命学鑑定士は予知を予言する人ではないという事です。

霊という文字や言葉を使うことが、

自分にも降りかかる、お金ではどうにもできない大きな因縁のリスクを

ご自身に呼び込んでいることをご存知なのかと。

昨今、霊感〜 と占術に書かれる方が、数多くいらっしゃいますが

それが大変恐ろしいことであるのかを知って欲しいと考えます。

また、自分がそのような人にかかわれば、

自分にもその人の持っている因縁の余波を受ける事もあるのだということを知って欲しいと思います。

そのような人に関わる事自体もひとつの縁でもあるのですが・・・

先祖供養霊能者でも鑑定士でも大切なものであることを知っています。

金銭だけで人は、救われる事は決して存在しないのです。

金銭は大きくなればなるほど、そのお金についた因縁も一緒にいただくことになるのからです。

お金は自分で作るもので、人から施される物では決してないのです。

宿命は見えないものだけに知りたいのが人間の業ですが

輪廻転生・因果応報は間違いなく存在しています。

何事もあきらめない!人がやらなくでも自分だけでも少しでも行動する姿勢。

大切なことは自分の行動指針をしっかりと明確にして行動することです。

幸運は次第に自分に近づいてくるものです。

幸運を追っかけても逃げていくだけです。

一生懸命であれば気がつけば、すぐそばにやって来ているのが幸せです。

占いに中毒になってはいけません。

単なる気休めにお金を浪費しているだけでは占いに行く意味がありません。

大切なことをきちんと明確にし、

今日の行動が未来の幸せを自分が呼ぶ事であると知ってほしいと思います。

簡単で、難しいことですが、

どんな時でも、心に若余裕を持つことが、最大の開運方法なのです。

生かされるべくして生きていることに感謝して。

「つもり違い」をしている自分に気がつくことも必要なことですね。

やっているつもり、できてるつもり、わかってるつもり・・・

私も人ですから人に言われて気がつくことがたくさんありますね。

私は間違っていないという言葉をいつも口にする人がいますが

間違いのない人間なんて存在しません。

そういった傲慢は、将来の自分へ帰ってくるという自覚を持つことですね。

自分の評価は人がするものですから。

傲慢な自分に気がつかないほど気持ちに余裕がないのかも知れませんね。

・・・・・・合掌・・・・・・

日宣 妙苑(拝)